ニュース・イベント

2016入学式 学院長式辞
Posted 09/26/2016 01:30PM

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

この度、慶應義塾ニューヨーク学院は皆さんを新しく塾生として迎えることになりました。これは、皆さんの努力によるもの、またそれを愛情で支えたご家族や関係者の方々の協力によるものであることに、私は敬意を表し、心よりお慶び申し上げます。慶應義塾の将来を担い、ニューヨーク学院に入学した皆さんは、日本のそして世界の未来に羽ばたく大切な人材です。本日は、来賓として日本の慶應義塾より清家篤塾長にお越しいただきました。またニューヨーク日本人学校の藤永福子校長、奨学金をご提供いただいている阪田宏次様ご夫妻にお越しいただきました。私たち教職員、在校生一同、心待ちにしていた皆さんの仲間入りを歓迎し、お祝いをいたします。

 

慶應義塾ニューヨーク学院は、バイリンガルな授業・バイカルチュラルな教育を行う、世界で他に類を見ないユニークな学校です。その使命は、海外にある唯一の慶應義塾一貫教育校として、慶應義塾創立以来の伝統である気品の泉源と独立自尊の精神を養うこと。学院生を、世界をリードする優秀な人材としてグローバル社会に貢献できる一員に育てることです。

皆さんは、ニューヨーク学院における生活を通じて、肌で異文化に触れ、その違いを理解することによって柔軟な思考を持ち、日本語と英語のどちらの言語でも堂々と自分の考えを述べる。そしてその考えに従ってあらゆる可能性を追求し、自分の打ち込めることを見つけ、それを実行する。という貴重な体験を得ることになります。

有意義な学院生活を送るためには、次の三つを念頭に置くことが必要です。

第1は、「進んで体力を養うこと」です。

皆さんは今、一生の体をつくる成長期にあります。食事、睡眠、運動のリズムを大切にして健康的な生活を心掛けましょう。積極的に様々なスポーツに参加して体力を養い、友情を育み、その精神を学びましょう。体と心の充実は皆さんの自信となります。

第2は、「何より学問に励むこと」です。

慶應義塾の海外における拠点と位置付けられている本学院の生徒に相応しい、高度な語学力を磨きましょう。そればかりでなく豊かな知識と洞察力を身につけ、物事の本質を見極める力をつけてほしいのです。高校の学びは大学の学びと直結します。精いっぱい学問に励みましょう。そこから得られる教養と達成感は、皆さんの誇りとなります。

 

そして第3は、「常に他者を尊重すること」です。

周りの人は各々、文化・習慣・考え方が違います。いつも自分だけが正しいということはあり得ません。決して思い上がることなく、多角的なものの見方をするよう心掛けましょう。また、そのような視点を与えてくれる環境や友人、指導者に対して敬意を持つこと。そうした中で、自然と感謝の念が生まれ、皆さんは社会に貢献することの意義を学ぶようになるのです。

1 進んで体力を養うこと 2 何より学問に励むこと 3常に他者を尊重すること 以上3つのことをよく心に留めて、学院生活の指針といたしましょう。

皆さんには、すぐにも実践していただきたいことがあります。

それは「相手の立場に立つ」ことです。すなわち「相手がなぜそのように考えるのか」を知ることです。まず相手の話をよく聞いてみましょう。それによって相手も聞く耳を持つようになれば、今度は自分のことを伝えることができます。心を通わせることもできるのです。とてもシンプルなことなのですが、こうしてさまざまな相手と信頼関係を構築してほしいと、私は願っています。

学院生は、澄んだ青空のように高い志を持ちましょう。そして、広がる大地のような大らかな心を育てましょう。ニューヨーク学院出身者達は、この二つを胸に世界中で活躍しているのです。

皆さんの健闘を祈ります。新入生の皆さん、入学おめでとうございました。


Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

所在地・電話番号

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
電話: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite