ニュース・イベント

Economics 12 の生徒がHarley-Davidsonの工場及びHersheyチョコレートの工場を見学しました。
Posted 03/10/2017 12:21PM

去る2月10日(金)、Economics 12の生徒12名がベイリーズ教諭の引率でPennsylvania州York市のHarley-Davidsonの工場へ社会科見学に行きました。燃料タンクやフレーム、フェンダーの製造や、本来は従業員以外立ち入り禁止である塗装仕上げの作業も含め、オートバイ製造全行程を見学しました。

このツアーで、Economics 12の授業で学んできたことを実際に社会で眼にすることが出来ました。例えば、20年前には4,000人の労働力が必要であったオートバイ製造も、オートメーションが進んだ現在は、わずか、850人がのべ16時間でという短時間で同数を完成されることを知りました。この工場の労働者は、全て労働組合に属し、平均時給は28ドル、20年後には引退できます。

2003年に立てられたこの65万sqftの近代的工場はかさせられること自動化がすすみ、ほとんどがドイツ製のロボットによって操縦や溶接、研削、とペンキ塗りの作業が行われていることを知りました。加えて、環境対策にも優れており廃棄物がまったく残らないように、切れ端や化学物質と出荷材は全て再利用かリサイクルされます。

生徒にとって驚きの発見もいくつかありました。作業の精密性に対応し、不良品を出さないよう、生産方式工程は意外とゆっくりと進んでいました。安全対策も徹底され、見学者である生徒にもゴーグル着用が義務付けられ、作業員は、怪我を防ぐために3人1組で90分ごとに交代して作業をしていました。作業中の怪我を減らすため、資材は全てロボットにより運ばれます。その結果、2016年は怪我は1件だけだったそうです。

2時間のツアーの後は、30分ほどバスに乗って、Pennsylvania州Hershey市まで行き、Hersheyチョコレートの工場を見学しました。各生徒が自分の板チョコとその包装のデザインを決め、工程を見学することが出来ました。最後に、チョコレートテイスティングについての講義に参加し、微妙なチョコレートの味の違いも知ることができました。

帰りは4時間バスに揺られ、生徒達は夢を見ながら眠っていたようです。

Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

所在地・電話番号

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
電話: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite