ニュース・イベント

全校集会のゲストスピーカーとしてAbbas Mousa氏を招きました。
Posted 03/10/2017 12:22PM

去る2月22日(水)の全校集会に、Saddam Husseinがイラクの大統領であった時期にイラクで育ったAbbas Mousa氏をゲストスピーカーして招きました。スクールバス搭乗中に起きた爆撃や米国軍の通訳として働いていた時期に誘拐未遂にあった実体験について話していただきました。

当日Mousa氏には、全校集会の講演のみならず、英語、国語や社会の授業参観もして頂きました。

講演後行われた質疑応答では、「あなたの家族にとって、母国から離れて米国まで来た際何が一番辛かったですか」や「独裁政権の下での生活と、選挙について教えてください」など、生徒が多く質問し、生徒の関心度がうかがえました。選挙についての質問にMousa氏が「始めて投票した際、白紙のはずの投票用紙に既に特定の候補者名が記入されていた。」と答える場面もありました。

また、Mousa氏は、イラクでは、第二次世界大戦後、短期間で復興を成し遂げた日本に敬意を表し、「Planet Japan」と呼ぶなど、イラク人が日本人を非常に尊敬していることを述べました。

Mousa氏は、2009年に米国へ移住し、米国国籍を取得しました。2015年に大学院(修士 経済学)を卒業し、現在は商務省にて経済学者として働いています。Washington, DCの州兵の軍曹であり、国会議事堂にて行われたTrump大統領の就任式の警備も努めました。

Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

所在地・電話番号

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
電話: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite