Q&A

以下のQ&Aの上、昨年度の参加者用のハンドブックもご参考にご覧ください。変更される可能性がありますので、ご了承をお願いします。

2016年度Summer Program Handbook

手続き

申込みの流れについて教えてください。

手続きの詳細は「お申し込み」ページをご確認ください。

プログラム参加費用はいくらですか。

参加費は$4,200です。

登記料・登録料はいくらですか。

登記料・登録料はありません。

推薦状を担当の先生に用意してもらえない場合は、どうしたらよいでしょうか。

参加者であるお子様をよくご存知の教育関係者の方、進路アドバイザーなど別の方の推薦状を提出してください。推薦者の肩書きは問いません。

申し込み募集はいつですか。

2016年1月7日(木)から開始します。オンライン登録のみで受付させていただきます。

選考

年齢が少し満たない(11歳)のですが、参加は可能ですか。

このプログラムは中学生対象です。しかし、特別の理由により12歳以下の児童の参加を希望される場合は、個別にご相談ください。

参加者の日本語・英語の第一言語の割合を教えてください。

基本的には日本語もしくは英語を母語とする参加者が2対1になるよう参加者を募ります。ただし、両方の言語をほぼ母語として話す生徒が参加することも予想されます。

寮生活

寮で友達と同じ部屋にしてもらえますか。

原則的には希望は受け付けておりません。部屋割りは参加者のバックグラウンド全体を考慮して事務局が行います。

週末に自宅に戻ることは可能ですか。期間中の外泊は可能ですか。

原則としてできません。寄宿前提のプログラムですので夕食後や週末もアクティビティーが入ります。

期間中、訪問者を認めていますか。

危機管理及びスケジュール管理上の理由から訪問者は、基本的に認めていません。ただし、プログラム後半に保護者の皆様をご招待してファミリーデイを開催する予定です。

一人部屋にしてもらえますか。

原則で部屋はすべて二人部屋です。しかし参加者の数が奇数の場合、一人だけ一人部屋になることになります。

日本語(または英語)の経験がないのですが、大丈夫でしょうか。

バイリンガルの教職員やモデレーターが言語のサポートを行いますので、わからないことがあっても、きちんとフィードバックを受けることができます。「わからないこと」はどんどん周りの生徒やスタッフに聞いてください。2週間の間、英語がネイティブなアメリカ人の友達と接していきますので、英語が少しずつ耳に馴染んでいくでしょう。また、逆の立場で、日本語がまだ十分できないアメリカ人の友達をサポートして、少しずつ日本語に馴染んでもらうようにしましょう。

何を含みますか。お小遣いはどれほど必要ですか。

プログラム中の寮費、全食事代、語学授業教材費やアクティビティーへの参加費はすべて含まれています。洗濯代や外出中のスナックや飲み物の購入やお土産などの買い物にお小遣いが必要になると思われますが、多額の現金を持ってくる事はお勧めできません。

学業

プログラムに参加することで学業単位を取得できますか。

単位の受け入れについては、在籍校の規定によりますので、まずは参加者が在籍している学校に相談して下さい。その上で、プログラムの内容などの質問がある場合は、担当者の方に慶應義塾ニューヨーク学院に直接コンタクトしていただくよう伝えてください。

選択科目やワークショップは何語で行われますか。

英語か日本語のどちらかで行われます。両方で行われる場合もあります。

中学生と高校生の授業は一緒ですか。

学年によってクラスに分かれませんが、語学の授業は実力によって分かれます。

その他

パンフレットはもらえますか。

はい、サマープログラムの事務室へ連絡ください。

お問い合わせ・連絡先

US-Japanバイリンガル夏期講習についてのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。

Keio Academy of New York
Summer Program Office
3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
Tel:+1 914-701-3458 (temporary)
Email: keiosummer@keio.edu

Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

所在地・電話番号

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
電話: (914) 694-4825, (914) 701-3381
ファックス: (914) 694-1830

Stay Connected

powered by finalsite