News and Events

旬の食材(アメリカザリガニ蟹の味新聞)
Posted 11/09/2017 01:53PM

 太陽の出ている時間が短くなり、肌寒くもなってきた今日この頃。寒い中活動して体が冷え切ったとき、温かい食べ物が食べたくなってきますよね。定番な食べ物だと、鍋やおでんなどがありますが、冬だからこそ食べたくなるものは人によって違ってきます。ここでは、皆さんが冬休みに日本に帰ったときに、ぜひ食べに行って欲しいもの、食べに行きたくなるような冬が旬の食べものを二つ紹介します。

 一つ目は冬に一番身に脂がのるタラです。タラは漢字で鱈と書き、雪の字が入っているだけあって、冬が旬の魚です。鱈は和食だけでなく、様々なジャンルの料理で使われる身近な魚ですが、冬の鱈は他の季節の鱈とは別物といえるほどの美味しさを持っています。もともと肉厚な身に、たっぷりとした脂がのり、口に入れたときに広がる味は格別といえます。鱈はやっぱり西京漬けが美味しいので、日本に帰ったら西京漬けの有名な京都に行って、ぜひ旬の鱈を味わってみてください。

 二つ目は皆さんがあまり知らない冬が旬の食べ物です。一度は食べたことのあるだろう甘味の材料。そう、それは小豆です。小豆は冬が旬の食べ物で、旬の小豆は他の季節のものよりも皮が柔らかく、甘みも増しているそうです。そんな小豆で作ったお菓子は、柔らく優しい甘さを備えているので、寒さで凍える心や体を優しく解してくれるでしょう。ぜんざいやおはぎ、そのほか小豆を使った料理は色々あります。冬は美味しくて温かいおしるこなどの小豆料理を楽しんでみてはいかがですか?

 ここで紹介するのはこの二つだけになりますが、蟹鍋やカキなど、冬が旬の美味しい食べ物は他にもたくさんあります。そして、旬の食べ物は栄養満点なので、寒さによる体調の悪化も予防することができます。カキなどの食中毒にも気をつけながら、ぜひたくさんの旬の食べ物を味わって、冬を健康に、そして楽しく過ごしてください。(窪田康太)


Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

Address/Telephone

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
Phone: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite