News and Events

グローバルな人材を増やすためには
Posted 03/17/2018 10:37AM

西村晟

 私は、現在少子化や経済の縮小などの問題を抱えている日本の状況から、近い未来、日本にはグローバル化が必要であると考えている。まず、日本がグローバル化するために必要なものを考えた時、真っ先に挙がるのは人材である。グローバルな人材とは、国際社会において、どの国の人とも英語で上手を取られずに対等な立場で話し合うことができ、筋の通った自分の意見をはっきり相手に伝えられる人のことだ。では、このような「グローバルな」日本人をどうやって増やすことができるのか。その答えとなるのは幼少期からのアウトプットな英語教育である。これから、どうして幼少期からの英語教育が大切であるのかを述べていきたい。

 まず、一つ目の理由として挙げられるのが、人間は幼いうちの方が言語を学びやすいという事実である。人間は、脳の発達上の理由から、成長するにつれて言語習得能力が落ち、十二、三歳になると「臨界期」というものが訪れ、この時期を過ぎると、新たな言語を完璧に習得することが極めて難しくなる。クオリティーの高い英語力を求めるなら、幼いうちから教育を行うべきである。私自身も、幼少期をアメリカで過ごし、常に英語に触れられる環境で育ったため、6歳までの間、日本語と英語の両方を流暢に話せていた。また、日本に数年帰国して、一度完全に忘れてしまった英語を短期間で取り戻すことができたが、これも幼少期を英語環境で過ごしたことのおかげであると考えている。一度学習したことを再び学ぶのが簡単なように、私の英語の上達は予想よりも早く、半年たらずで現地校の生徒と日常会話ができるようになった。このように、幼少期から英語に触れることができる環境にいれば、中学校に通う年齢になってもも英語が学びやすいのではないだろうか。

 幼少期の方が英語を学びやすいという理由の他に、中学校から英語を学ぼうとするのでは遅過ぎるといる事実もある。日本では主に中学校、高等学校にて英語の授業が行われ、そこでは単語の書き取りや文法などの基本が教えられるが、暗記科目として捉えられることが多く、このような勉強をしたところで、得られるものは少ない。現在日本では「スーパーグローバル三本の矢」というプログラムが実施されており、このプログラムの一部で日本人学生が海外に留学するという部分があるが、現在の義務教育で習得できる英語力では、留学先で日常会話を理解できるかすら怪しいのである。中途半端な英語力では、せっかく留学しても、現地の人とコミュニケーションを取ることができず、結局何も学ばずに時間だけを無駄にしまうだろう。この問題を解決するために必要になるのは、やはり幼少期からの英語教育である。幼少期から、身近に英語を聞いたり話したりする機会があれば、大学で海外に留学することになっても、日常会話で遅れをとるようなこともなく、留学している期間を最大限に有効活用できるはずだ。

 以上の二点から、幼少期から英語教育を行うことのメリットと重要性がわかったが、一番の問題はどのような教育を行うかである。どんなに早く英語教育を行ったとしても、従来の暗記で学習させる、インプット教育では、おそらく何も変わらないだろう。グローバルな人材を増やすためには、子供の積極性を育てる必要があり、そのためには、子供の自ら学びたいという気持ちを尊重するアウトプット教育を行うべきである。例を挙げるとすれば、幼稚園に英語しか話さない先生がいて、園児たちは先生に何かを伝えるためには英語で話さなければならなくなり、必然的に英語を使うようになる、といったようなものである。人間の人格も、幼少期から形成されるものなので、アウトプット教育を行うことによって、将来積極的に自分の意見を言える人材に成長することが期待できる。

 私が考えるグローバルな人材とは、はっきりと自分の意見を英語を使って相手に伝えることのできる人間、である。そのためには、幼少期からのアウトプットな英語教育が必要であると思う。まず、人間は若ければ若いほど言語習得能力が高く、早いうちから英語教育を始めることで、ネイティブスピーカーに近づいた英語を習得することができる。また、現在の日本の英語教育は開始するのが遅いため、大学で留学をしても、留学先での期間を有効活用できない可能性がある。英語教育を早期から行い、子供たちと英語を触れ合う機会を増やすことで、この問題は解決することができる。そして、子供たちの自主性を尊重するアウトプット教育を行うことで、将来積極性のある人材を育てることができる。今後、日本が世界の国々との競争についていくためには、グローバル化は必要不可欠であり、これらの方法での人材育成を早急に行うべきである。


Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

Address/Telephone

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
Phone: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite