News and Events

世界の007 -イタリアのDV問題-
Posted 11/05/2018 11:27PM

イタリアの深刻なDV問題

 -解決策はあるのか-

 

 世界9位の経済大国でヨーロッパの海外旅行の定番として人気を集めているイタリア。そんな表向きは明るく素敵な国でも様々な社会問題を抱えているのだ。今回の記事では、イタリアの抱える様々な社会問題の中から、今イタリアの女性たちが最も悩まされている、イタリアのDV被害について考えていきたいと思う。

 まず、女性の権利があまりない国、イタリアでは、近年夫や元恋人によるDV殺人が増加している。例えば、2012年のデータによると、その年に入ってから少なくとも100人の女性が、かつては愛し合っていた男性に殺された。これはざっと3日に1人が犠牲になっているということだ。そしてさらにこの問題が解決されない理由が2つある。1つ目は、DVを受けた90%の女性が、報復を恐れて刑事告訴しないことだ。その場のことよりも、それからどうなってしまうかを考えると、何も言い出せないことがわかる。2つ目は、法改正による増加である。イタリアでは1996年まで、恋人や夫婦間のレイプは、犯罪として認められなかった。つい最近までこの国は、DVで殺された人たちを、家庭内の「事故死」として処理されていたのだ。

 この社会問題の解決策の1つとしてイタリアも日本のような『配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律』(通称DV防止法)に似たような法律の強化を求めることが重要になってくる。これも1つの解決策だが、決してこの法があるからといってDVの数の減少が保証されるわけではない。このほかにも、いろいろ考えられているのだが、依然として、女性に対する意識を改めたり、女性の身の安全を守る以外に見つかっておらず、問題の完全解決にはまだ時間がかかりそうだ。

Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

Address/Telephone

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
Phone: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite