News and Events

最高な休日 中川雄貴
Posted 11/05/2018 11:42PM

最高な休日 –見直すべきは働き手のほう?-

中川雄貴

それでは休みを取りたくて仕方ない人のためにどのように会社で休みを確保できるか考えて見る。上記で説明したように、最低でも105日の休暇はあるのだが有給休暇について視点を当てて考える。有給休暇というものは本来入社したら半年後に10日前後そこからは一年に一回このような長いスパンで休暇が取れ、休みは翌年の分の有給と合わせて使うこともできる。これを考えると十分な休みを確保できると感じるが不十分であろうか?確かに学生の我々と比べると自由に自分で使える時間は減るのかもしれないがそこまで大差はないと感じる。しかし、問題としては有給休暇を日本人は取らない人が半数を占めているという事だ。人間関係に重きをおく日本人にとって、自分が長期で休暇を取り休む事に罪悪感を感じる人がおおいというのだ。調査によると日本人の33,6%が会社で有給を撮れる雰囲気ではないと主張する。これらの日本人の勤勉さと言う特徴が裏目に出てしまっていると私は考える。そこで私は皆にもっと思い切りを持って休暇を申請し休む事が今後必要になってくると感じた。

 

Footer Logo Image

All images © 2013-2017 Keio Academy of New York

Address/Telephone

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
Phone: (914) 694-4825

Stay Connected

powered by finalsite