沿革・使命

慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)は、日本の有名私立大学である慶應義塾大学が慶應義塾一貫教育校として、海外在住の日本人家族のニーズを受け、1990年に開校されました。

慶應義塾創設者である福澤諭吉の精神を受け継ぎ、バイリンガルでバイカルチュラルなカリキュラムを通じて、21世紀を担う国際的なリーダーに育てる努力をしている個性的な私立学校です。

慶應義塾ニューヨーク学院は、日本の文部科学省に認可され、米国ニューヨーク州教育委員会とニューヨーク州私立学校協会に登録している共学の私立高校です。2001年には、ニューヨーク州私立学校連盟(NYSAIS)に認可され、2011年に再度認可を受けました。また、全米大学入試相談連盟、大学教育委員会、国際教育者連盟のメンバーでもあります。

使命

慶應義塾ニューヨーク学院は、東京の慶應義塾大学や世界の大学への入学を志す生徒を対象に、寮制の学校として、日本語と英語のバイリンガル・バイカルチュラル教育を提供しています。革新的で規律ある教育を通して、学問への意欲や知的追求、強い倫理観のある考え方に基づくコミュニティの構築を目指します。加えて、スポーツ、音楽、デイベート、パブリックスピーキング、コミュニティサービスなどの課外活動を通じて、生徒に社会的および文化的意識、自尊心、自己規律などを養い、大学に進学してからもさらに学問に精力的 に取り組むことのできる、「独立自尊」の気風を備えグローバルに活躍できる人材の輩出を目指します。

沿革

1987
慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)開設準備委員会を設立

1990
開校し初めての入学者を迎える。

1991
日本国文部科学省により海外子女教育施設として指定される

1992
米国の高等学校として、ニューヨーク州教育委員会に認定される。

2000
創立10周年記念を迎える。

2001
ニューヨーク州私立学校連盟から認証を取得する。

2010
創立20周年を迎える。

2011
ニューヨーク州私立学校連盟から再認証を受ける。

2018
理事会は、英国のWinchester College(2005-2016)、同じく英国のOundle School (1999-2005)、オーストラリアのSydney Grammar School(1989〜1999)で、ヘッドマスターを歴任したラルフ・タウンゼント博士を理事に任命し、ミッション、ガバナンス、寮の運営構造、アカデミックおよびスポーツプログラム、開発の可能性などの徹底的な評価見直しの実行を委託しました。

2019
理事会は、タウンゼンド博士の学院に対しての推奨事項を承認し、彼を学院のプレジデントに任命し、改革プログラムの実施と指揮監督の業務を委託しました。 同時に、長年、学院の教師であった菊地ふみ子氏が、日々の学院運営業務の責任者としてヘッドオブスクールに任命されました。

2020
理事会は、日米両方の大学に進学できる能力を育てる教育を提供する、抜本的に改訂されたカリキュラムを承認しました。
 

Footer Logo Image

All images © 2013-2019 Keio Academy of New York

所在地・電話番号

3 College Road
Purchase, NY 10577 USA
電話: (914) 694-4825
 

powered by finalsite